面接を成功させるコツ

チャンスは一度だけ!確実に面接を成功させるコツ

書類だけでは伝わりにくい、あなたの魅力を採用担当者に直接伝える機会が面接です。

面接当日に本領発揮できるように、しっかりと準備をして臨みましょう。

面接を成功させる5つのポイント

事前リサーチ

面接の日程が決まったら、まずは応募先企業の正確な情報を確認しましょう。

 

  • 応募先企業の正式名称を知っていますか?
  • 応募先企業の事業内容について正しく理解していますか?
  • 応募先企業の企業理念(会社が最も大切にしている考え方)を知っていますか?

応募先企業について知ることは、その企業で働くことに対して明確なビジョンを持っているということです。

面接は、その企業で働くためのひとつのステップであって、面接を突破することがゴールではありません。

ですから、入社後の自分の「仕事」について、どの程度まで考えているのかを、採用担当者は知りたいと思っているのです。

特に、企業理念を知っているかどうかは、「同じ気持ちで仕事ができる仲間かどうか」を見極めるために必要な質問です。

企業理念を公表していない企業であっても、事業の内容や雰囲気から、企業理念を知ることができますので、応募する企業については事前にリサーチしておきましょう。

伝えたいことをまとめる

自分の考えは自分が良く分かっていると思いがちですが、「人に伝える」となると、意外と難しいものです。

一度、書き出したり、録音したりして、自分の考えがまとまっているかどうかを客観的に確認しましょう。

自分の伝えたいことがまとまらないときには、自己分析をしてみると、伝えたいことがはっきりします。

自己分析・自分への問い

  1. なぜこの企業を選びましたか?
  2. この企業でやりたいことは何ですか?
  3. この企業のどこに魅力を感じましたか?
  4. あなたの強みは何で、それをどのように活用しますか?
  5. あなたの弱みは何で、それをどのように活用しますか?

伝えたいことがまとまったら、面接練習をしながら、再度、内容をブラッシュアップしましょう。

面接の練習 全体の流れをつかむ

本番を想定して、実際に声を出し、動きながら練習しましょう。面接を練習している様子を録音したり、動画に撮ったりして自分の様子を客観的に見てみると、良い点や改善点が見えてきます。

入室から退室までの一連の流れを繰り返し練習して、全体の流れをつかんでおくと、落ち着いて本番にのぞむことができます。

このときに、本番と同じ服装で練習をするのも効果的です。

  • あいさつやお辞儀など、基本的なビジネスマナーは守れていますか?
  • 全体の流れを理解していますか?
  • 髪をさわる、体の一部を動かすなどのはありませんか?

全体の流れを理解しておくと、面接の質問に余裕を持って答えることができるようになります。質問に答える練習に入る前に、もう一度全体の流れが理解できているかどうかをチェックしておきましょう。

面接の練習 話し方、伝え方

同じ内容の言葉でも、声のトーンや表情によって、相手が受け取る意味が異なることがあります。あなたの考えが採用担当者に正しく伝わるように、何度も練習をしておきましょう。

『端的に』・『具体的に』・『簡潔に』を心がけて話をすると、相手に伝わりやすくなります。

  • 相手に伝わる声で話せていますか?
  • 話す内容と表情は合っていますか?
  • 聞かれたことに答えていますか?
  • はまとまっていますか?

当日まで、面接官がどのような人物かが分からないことがほとんどですので、面接の練習をするときには、できるだけ多くの人に面接官役をしてもらい、色々なパターンで練習しておくと安心です。

当日の服装や持ち物を準備する

服装や持ち物は、あなたの人となりを表すアイテムです。面接当日になって、着ていこうと思っていた服のボタンが取れていたり、持っていくものを忘れてしまったり…。

当日になってこんな事態がおきると気持ちが焦ってしまいます。

服装や持ち物は、前日までに準備しておきましょう。髪型やメイクも事前に決めておくと、当日は余裕を持って行動することができます。

  • 当日の服装は決まりましたか?
  • 筆記用具、ハンカチ、携帯電話など、持って行くものは全て揃っていますか?
  • 企業のリサーチ、自己分析、面接練習、これらの中でやり残した部分はありませんか?

当日は、これまでやってきたことを出し切るだけです。
自信を持って、あなたらしく面接にのぞんでください。

身につけておきたい採用面接の答え方

質問に答えるときには結論から

面接官が知りたいのは、質問の答えです。まずは質問されたことに答える練習をしましょう。特に、名前やどのように面接会場まで来たか?などの考える必要のない質問には、すぐに答えられるようにするのがポイントです。

答えるときは30秒以内にまとめる

今後の業界についてどうお考えですか?など、YES、NOで答えられない質問に答えるときには、まず結論を述べてからその理由を伝えます。

その際に、話が長くなってしまうと、話の論点がずれやすくなりますので、ひとつの質問に答える時には、30秒以内にまとめられるように事前にシミュレーションをしておきましょう。

面接官の質問が聞き取れなかったら素直に伝える

外を大きなトラックが通ったり、緊張しすぎていたりして、面接官の質問を聞き逃してしまうことは少なくありません。

そんな時に、こう聞かれたのだろう。と勝手な思い込みで答えてしまうのは良いことではありません。

このような時には、「大変申し訳ございませんが、今の質問を聞き取ることができませんでした。(聞き逃してしまいました。)もう一度お願いできますか?」と、面接官に伝えるのが正解です。

質問の意味を正しく理解するために面接官に要望を伝えることは、マイナスの評価にはなりません。

同じく、質問の意図がつかめないときに、「そのご質問はこういう意味ですか?」と確認することも必要です。

しかし、何度も聞き返していると、話を聞いていないのか?と思われることもありますので、面接官の話を集中して聞きましょう。

答えに詰まってしまったときでも焦らない

想定外の質問をされたり、答えようと思っていたことを度忘れしてしまったりしたときに、焦って言葉が出ないことがあります。

こんな時には、「少し考える時間を頂いてもよろしいですか?」と許可を得た上で、考える時間をもらいましょう。

質問の意図が分からずに答えられない場合は、上記の3を参考にしてください。

答えが分からないこと自体は悪いことではありません。むしろ、論点をすり替えて答えたり、知ったかぶりをして答える方がマイナスイメージとなります。

社会人だからといって、すべてのことを熟知している訳ではありません。分からないことを分からないと伝える勇気、分からないことを調べる態度も必要です。

「I(アイ)」メッセージで伝える

アイメッセージとは、「私(I)」を主語にして話をすることです。面接官は、あなたのことが知りたくて面接という機会を設けています。

それなのに、テレビや本で仕入れた知識ばかりを話していたのでは、本当のあなたが見えません。「私はこう思います。」と、あなたの考えを伝えましょう。

やっぱり大切。第一印象

人は中身とはいえ、中身を知る前には見た目の情報が大切です。特に、面接の場合は、事前に準備をする時間があることがほとんどです。

ボサボサの頭や、ヨレヨレのシャツで面接に行くのは、「今日のために何も準備していません」というメッセージです。

このメッセージを、面接官は、「何も準備をしていないのは、うちに来る気がないのだろう」と受け取ります。

髪型や服装は事前に整えておきましょう。

また、表情や姿勢もとても大切です。口角をあげる。胸を張る。ちょっとしたことで印象は大きく変わります。

面接担当者に聞いてみました

現役の面接官であり、企業の面接官を指導しているAさんにお話をお伺いしました。

ぱど君
ぱど君

面接官は応募者さんのどういった部分を見ているのですか?

面接官
面接官

応募者さんの人柄を中心に見ています。お人柄を理解したうえで、会社に入った後に、どのように会社に貢献するのか、会社の雰囲気はどうなるのか、伸びしろはあるか を重点的に見ています。

ぱど君
ぱど君

それは、人間的に立派かどうかを見ているのですか?

面接官
面接官

いいえ。人間的に立派かどうかは、その方の行動の結果です。私たちが重視しているのは、その方の行動そのものです。今は結果が出ていなくても、今後、学ぼうという意欲のある方や、ご自身で改善策を見つけようとする姿勢をお持ちの方は、入社後に伸びる可能性を秘めています。

ぱど君
ぱど君

では、仕事ができるかどうかは重要ですか?

面接官
面接官

いいえ。もちろん、仕事に必要なスキルを持っておいて頂くのはありがたいことです。なので、資格やスキルにも注目をしますが、これまでの職場とは異なる、“当社で”のやり方を覚えて頂く必要がありますので、やはり、学ぶ姿勢を持っているかどうかを重要視しています。

ぱど君
ぱど君

応募者さんが入社した後に会社の雰囲気がどうなるのか?とはどういうことですか?

面接官
面接官

例えばですが、遅刻者が多い会社に遅刻をしない方が入社すると、会社全体で遅刻が減るということがあります。逆に、遅刻者がいない会社に、遅刻をしても当たり前と考える人が入ると、遅刻者が増えることもあります。なので、その方が入社した後に、今いる従業員さん達にどのような影響を与えるのか、その結果、会社の雰囲気がどのように変化するのかを考えることは大切なのです。

ぱど君
ぱど君

伸びしろがあるか?とはどういうことですか?

面接官
面接官

刻々と変わっている社会の中で、現状に満足せずに、常に変化を受け入れ、ご自身が成長できるかどうか。ということです。高齢社会、グローバル社会、ダイバーシティ。社会も人の考え方も変化しています。その中で対応できるかどうかは、会社が生き残るためにも必要なことなのです。

ぱど君
ぱど君

やはり第一印象は大切ですか?

面接官
面接官

はい。大切です。この面接のために、練習を重ね、身なりにも気を使ってくれているのが伝わると、それだけで高感度がアップします。緊張している方もおられますが、少しにっこりして頂けると、面接する側も安心します。

ぱど君
ぱど君

最後に、これから面接を受けられる方にアドバイスをお願いします。

面接官
面接官

私たち面接官は、面接の場で応募者さんと初めてお会いしますので、応募書類だけでは分からないことがたくさんあります。面接では、書類だけでは分からない部分を私たちに教えてください。

ぱど君
ぱど君

ありがとうございました。



転職活動の前に

-->