歯科衛生士の募集・採用状況

歯科衛生士の採用・募集状況

歯科衛生士の主な職場は歯科医院ですが、実際の採用の流れや面接のポイントなど、募集状況について解説していきます。

採用までのポイント

歯科衛生士が採用されるまでの流れは次の通りです。

見学と面接

気になる歯科医院に対して見学の申し込みをします。

見学をする時には、いくつか気をつけておいた方が良いことがありますので、解説していきます。

歯科衛生士の場合は、見学終了後に面接が行われる場合がほとんどですので、服装はリクルートスーツが無難でしょう。また、髪型は黒もしくはダークブラウンで前髪は目にかからない長さにするかピンで留めておきましょう。

歯科医院によっては、見学と面接を別にしてもらえる事もあるので不安な方は相談してみましょう。

面接に持っていく物

面接の際に用意して置いた方が良い物をご紹介します。

履歴書

履歴書には必ず写真を添付しておきましょう。

料金は高くなりますが、綺麗に撮ってもらえるため、写真スタジオ等を利用してもよいでしょう。

歯科衛生士免許証のコピー

免許証の偽造や無免許での勤務を未然に防ぐために免許証のコピーの提示を求められることがありますので、準備しておきましょう。

筆記用具・メモ帳

見学の際に印象に残ったことや、1日のスケジュールをメモしておくことで、後からじっくり検討することができますので、筆記具は持って行っておくことをおすすめします。

A4サイズのクリアファイル

その歯科医院のパンフレットを貰うことも十分に考えられますので、パンフレットが入る大きさのクリアファイルを準備しておきます。

面接時の身だしなみ

面接は採用の可否を決める一番重要なポイントです。その第一印象を考えていきましょう。

服装

白衣かナース服、ナースシューズがあれば望ましいですが、持っていない場合はあらかじめ電話でその旨を伝えてリクルートスーツで行きましょう。

髪型

髪型は、ミディアム(おかっぱ)ぐらいの長さで黒髪もしくはブラウンが理想ですが、ロングの場合は一つ結びにして置きましょう。前髪は目にかからない程度の長さ、長めの場合は、ピンで留めておくようにしましょう。

メイク

メイクは、清潔で明るい印象を与えられるようにナチュナルメイクを心がけましょう。

―ナチュナルメイクの作り方―

① ファンデーションを塗る

ファンデーションは、綺麗に見えるように少しパールの入ったファンデーションを選ぶことで明るい肌色になります。

② チークを塗る

チークはオレンジ系の色を使うことで元気で明るい印象になります。塗り方は、頬の中心部に向かって斜めに入れるのがポイントです。さらに耳たぶにも少し入れておくと血色がよく見えます。

③ リップを塗る

リップはピンク系のものを使うことで、健康的な唇を作ることができます。☆唇が荒れやすい方は薬用のリップを使用することで潤いがある唇になります。

このような方法でメイクすると清潔感があり、明るい印象になります。

面接の流れ

面接官は、院長である場合がほとんどなので身だしなみはきちんとしておきましょう。

自己紹介

第一印象は、出会ってから3秒で決まると言われています。

自己紹介は、第一印象を決めるので非常に重要です。好印象を残すためには、背筋をしっかりと伸ばして大きな声で、笑顔で挨拶することが大切です。

☆「お辞儀をする時は大きな声でよろしくお願いします」と言いましょう。

内容は新卒の場合は、氏名と学校名 転職の場合は今の業務実績を簡単に伝えます。

経営方針や業務内容の説明

経営方針と業務内容の説明を受けます。

この時に見学の時に感じた疑問や不安なことがあれば聞いておきましょう。

志望動機の確認

志望動機は、あらかじめ特徴や経営方針、力を入れているところなどを調べて

「貴院の○○という取り組みに魅力を感じております。私は、特に歯磨き指導について詳しく学んできましたので、その知識を貴院で活かせると思い、応募致しました」

というように具体的な事業内容を挙げてどのように貢献できるかを述べることで説得力のある志望動機になります。

 当院のことをどのぐらい知っていますか?

この質問の意図は適当に選んだのではなく本当にここで働きたいと思ってくれているのかということを確かめることです。

ですので、事前に実績や取り組みをリサーチして説明できるようにしておきましょう。

「貴院の○○という取り組みに魅力を感じておりましたが、先ほど実際に見学させて頂いてから、より貴院で働きたい。という思いが強くなりました」

という回答をすると好印象です。

あなたの長所と短所を教えて下さい

歯科衛生士は患者さんと密に関わる仕事ですので、人柄の良さが求められます。

ですので、この質問では、性格を分析し、どのように患者さんと関わっていけるのかを知りたいのです。

回答とする時のポイントは、

  • 長所は「仕事に活かしていける」ということに繋げて、
  • 短所の場合は「○○なところがありますが、業務に取り組む時は、△△するように意識して改善していきたいと思います」

というように答えると短所でも前向きな印象を与えることができます。

希望額はどれくらいですか?

採用後、給与面のトラブルを未然に防ぐためにされる質問です。

基本的には「貴院の規定に従います」と答えるのが無難ですが、希望がある場合は「可能であれば、このぐらいの金額にして頂けると大変助かります」というように伝えましょう。

残業がある日もありますが、大丈夫ですか?

当然ですが、緊急事態にも対応できるフットワークが軽い人が魅力的ですので、特別な事情が無い場合は「対応できます」と答えましょう。

もし、子供がいたり介護しなければならないなどの事情がある場合は、その旨を伝えた上で、残業が難しい日程は事前に伝えておきます。と一言付け加えておくと良いでしょう。

採用された場合は、いつから勤務できますか?

この質問は、勤務予定を決定するために必要な質問です。

ですので、スケジュール帳を確認し、確実に出勤できる日を伝えておきましょう。

このように面接ではさまざまな質問をされますのでどの質問にもしっかりと答えられるようにしておきましょう。

~採用・募集状況まとめ~

歯科衛生士は、活躍できる場が多い職種ですので、他の職業に比べると求人数は多いです。

歯科衛生士は、自分のビジョンがしっかりしていれば希望の医院に就職できます。

私たちキャリアエージェントが最適な職場をご提案させていただきます。



転職活動の前に